GoogleMapsAPIを利用するための登録

バナー

GoogleMapsAPIを利用するための登録

  

iosやandroidでGoogleMapsを利用するには事前に利用登録が必要です。

利用登録はグーグルアカウントが必要ですが、数分で取得することができ、GoogleMapsへの登録も数分で終わります。

登録後はAPIキーが発行されますのでアプリやウェブですぐに地図を呼び出す事が可能です。

iosでGoogleMapsAPIを利用するにはAPIキーの他に各種ライブラリが必要なケースもありますが、グーグル側でライブラリが用意されていますし、ウェブ上には各種ライブラリが無料提供されているケースも増えています。



APIの呼び出しについては無料枠が用意されていますが、GoogleMapsAPIでは本人確認をすることでさらに大幅に無料枠が増えます。


本人確認はクレジットカードやデビットカードで行えます。

これらのカードは登録すればすぐに課金されると勘違いする方も多いのですが、GoogleMapsAPIでは1日の課金額を設定できますので利用にあたって無料で利用する設定も可能です。


本人確認が終われば無料枠が増えますが、地図の表示だけならウェブ、ios問わず無料で利用可能です。



GoogleMapsAPIでカウントが有料化されるのはデータを表示する際です。

データには店舗情報や距離、ルート算出などの各種機能が含まれます。



これらの機能は地図サービスでは特に重要なものばかりです。

1日単位で計算されますが、無料枠も十分用意されており、個人の利用ではほぼ課金されないと考えられています。